※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

いろいろレビュー

高級筆記具を買った! Wancher 世界樹! 万年筆沼は深いぞ…!!

以前、日々の勉強に使える筆記具を紹介しましたとおり、
私は筆記具沼に足を突っ込んでおります。

こちらもCHECK

勉強用筆記具 日々の勉強に使うならコレだろ!!

この記事はまかろんろん@DTMが執筆しています。 ★プロフィール★ まかろんろん@DTMが挑戦した資格の難易度ランキングはこちら! 以前、資格試験当日に持参すべき筆記具を紹介しましたが、 今回は日々の ...

続きを見る

思えば、ボールペンと間違えて万年筆を買ってしまったことから、
万年筆沼にハマってしまいました。

万年筆は色々と買ってきたのですが、
この度、そこそこ値の張るイイヤツを買ってしまったので、
レビューしようと思います!

1.買ったブツ

いきなりですが、買ったブツはこちらです!


Wancher(ワンチャー)の世界樹という万年筆です。
1万円くらいするものでして、
万年筆としては高級の部類には入らないのですが、
素人感覚からすればあり得ないレベルで高級品です…!!

楽天スーパーセールで少しお値引きされていたのをポチリました!


こんな感じでいかにも高そうな感じの箱が届きました。


開けるとこんな感じです。
世界樹シリーズは木軸の万年筆なのですが、
使っている木材の違いにより3種類展開されています。
私はその中でエボニー(黒檀)を選びました。

ポイント

エボニーは高級ギターの指板や、
バイオリンの指板やあご当てに使われていて、
楽器好きな私としては馴染みのある木材です。
固くて重いのが特徴の木材ですが、
この万年筆自体はかなり軽量です。

届いたときから思っていたのですが、
梅のようなかぐわしいかほりがします。
次の日には消えてしまいましたが、
香りも漂わせるという、なんとも雅な逸品でした。

2.使ってみてどうなのよ?

書き味は好みによるところがあるので評価しづらいのですが、
字幅Mだとサラサラ~という感じで、全く引っ掛かりはありません。
木軸はサラッサラで、手で持っていると嬉しくなる感じです。
木軸ラバーにはたまらないです。
うっすらと見える杢目もGoodです!

一方で、使ってみて今一つだと思ったこともありました。
一つは軽すぎることです。
軽いほうが汎用性があるので、重すぎるよりは良いのですが、
もう少し重いほうが自然にペン先を紙に預けやすいです。
軽いのでペン先の走りは良いのですが、字が汚くなりがちなんですよね。
綺麗に書こうとすると少し疲れやすいのがネックです。
バランスはとても良いので、軽めの万年筆が好みの方には刺さると思います。
なお、軽めといっても、Pilot Kakuno1.5本分くらいの重さはあります。

もう一つは、机の上で転がりやすいことです。
別売りの天冠を付けると解消されますが、
デザイン的には付けない方が個人的に好みですし、
天冠がないので書いているときに天冠が手に当たらず
そこが良いところでもあるんですよね。

転がりやすいので、床に落とさないように気を遣うのが、
ちょっと面倒ですね。

picture of macaroons line

ということで、今回は高級筆記具のWancher 世界樹をレビューしてみました。
万年筆沼は一度足を踏み入れると抜け出せないそうで、
私もそれは実感しております…。
なんといっても書き味が良いんですよね。
それによって勉強もはかどりますし。

まかろんろん@DTM
新たな相棒をポチったらまた紹介しようと思います!

-いろいろレビュー
-