※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

行政書士試験

行政書士試験受験記その7 最後の自宅模試3回目(LEC)の結果は果たして…

2023年7月13日

この記事はR4年度行政書士試験にスピード合格した
まかろんろん@DTMが執筆しています。

★プロフィール★

初めから読む場合はコチラ!

行政書士試験受験記その1 遅すぎる勉強開始・・・

この記事はR4年度行政書士試験にスピード合格した まかろんろん@DTMが執筆しています。 ★プロフィール★ こちらもCHECK 私はR4年度の行政書士試験を受験しているのですが、 勉強開始から合格発表 ...

続きを見る

picture of macaroons line

前回の記事では、R3年度本試験過去問で打ちのめされ、
本試験問題の難しさに心を折られていました。

こちらもCHECK

行政書士試験受験記その6 R3本試験過去問に打ちのめされる…

この記事はR4年度行政書士試験にスピード合格した まかろんろん@DTMが執筆しています。 ★プロフィール★ 初めから読む場合はコチラ! 前回の記事では、ケチって中古教材で勉強していたら、 民法大改正前 ...

続きを見る

受験記の7回目は「最後の自宅模試3回目(LEC)の結果は果たして…」です。
前回からR3年度本試験問題で受けたダメージを引きずってます(笑)。

では、当時の日記をご覧あれ~。

日記その7
10/9 LECの3回目模試の結果…昨日のR3年度過去問で爆死して気になったので
R3の難易度がどの程度かを確認してみたが、
民法と会社法は少し難しかったもよう。

ただ、受験生が多くレベルが高かったのと、
一般知識で点を取った方が多かったようだった。

ウルトラクイズだけやってみたが、
3問しか正解しなかったので、
全て回答しても最大で9問正答で、
期待値的には7~8問正答だと思う。

40点越えが多かったみたいで、
受験者の一般知識で点が高く振れたときに
自身の点が伸びないと不合格一直線になりそうだ。

なお、記述に関しては自身と同じレベル
もしくは私よりも完答に近い回答をしていた方が
16点しか取れていなかった。

記述が簡単だったのと、
一般知識で点が高ぶれした方が多かったことと、
受験者数が増えたことで
相対評価をせざるを得なくなって
採点が非常に厳しくなっていたのではないかと推察される。

今回の民法なんて運以外で
6問とることは不可能だろう・・・。
この試験は本当に水物だと思う。

そんでもって、LECの3回目の模試を実施。

模試としては最後になるので、
景気付けをしたかったがそんなに甘くなかった。

問題自体はR3の過去問と比べると簡単に思えたが、
全然正答できていなかった。

R3の過去問は初めましての肢や変化球の問題で難しくしていて、
LECの3回目の模試は知っている肢に
難しいひっかけを入れてくるパターンが多いと感じた。

R3過去問もLEC3回目も行政法の出来が悪く、
これは基本テキストを読んでいないからだと思った。

そのため、行政法だけでも基本テキストを読み、
失点を抑えるようにする必要がある。
特に地方自治法はスカスカで全然ダメ、
あと、行政調査や行政指導の求めのような
マイナー分野も全然ダメ、行政不服審査法のマイナー条文も×。
行政不服審査法は条文を数回読む必要があると実感。

<RESULT>
基礎法学 2/2
憲法択一 4/5
行政法択一 13/19
民法択一  5/9
商法会社法 2/5
憲法多肢  1/4(配点2)
行政法多肢 8/8(配点2)
行政法記述 0/20(箸にも棒にも掛からぬ。拘束力の単語が出てこなかったのは痛恨・・・)
民法記述① 0/20(箸にも棒にも掛からぬ)
民法記述② 20/20(完答)
一般知識  10/14

択一:144点
多肢:18点
記述:20点

合計:182点

ギリ合格点に行っているように見えるが、記述式の点数調整が入るため、
実際には不合格だと思う。

また、一般知識がフィーバーしており、
実際にこんな点数は期待できないので、
模試としては不合格判定とすべきだと思う。

今回、見直しの時間が十分に取れるほど時間が残らず、
正答がわかっていたのに間違えてしまった問題が2問あった。
正しいものと書かれているのに誤っているものを
選んでしまったというようなミスで、
これまでの模試でもやらかしていた。

3時間の戦いだとどうしても避けられない部分も
あるかもしれないが、見直しできていれば
防げたかもしれず、この2問が合否を分ける可能性があるわけで、
本番では気をつけねばならない。

今回、本番を想定して防御力高めなマスク(KN95)を
した状態で受けてみたが、少々酸欠なのか、
読解力、判断力が鈍る場面があった。文章理解はだいぶきつかった。

あと、足が冷えてつらく、そのせいか頻尿がひどく、
2回もトイレに行く羽目に。
しかも終わった直後も速攻でトイレに…。
本番では水分をできるだけ減らさないといけないので、
余計に力を出しづらいだろうと思うと、憂鬱になってきた。

やはり今回は受かるつもりで臨むのではなく、
受かったらいいな、くらいで臨むべきだ。
これは難関試験なのだと、いまさらながらに実感した。

本試験まであと1か月というところですが、
日記からもネガティブモードなのが伝わってきますね…。

残り時間が少なくて、かつ、記述は仕上がらないし、
それどころか、最も重要な行政法の択一も取れていないし、
この頃が受験前で一番悩んでいたと思います。

まかろんろん@DTM
次回は「本試験まで1か月を切る…!」です。
お楽しみに~♪

こちらもCHECK

行政書士試験受験記その8 本試験まで1か月を切る…!

この記事はR4年度行政書士試験にスピード合格した まかろんろん@DTMが執筆しています。 ★プロフィール★ 初めから読む場合はコチラ! 前回の記事では、3回目の自宅模試を受けてナーバスになっていました ...

続きを見る

-行政書士試験
-,